CLOSE

土居町のゆるふわ家族が集う家

パッシブ設計と家族が健康的になれる住まい
設計のコンセプトは家族の健康と、光熱費のかからないストレスの少ない家づくり。
建築地を土居に選んだのは、家の周囲に余裕があり広々として窮屈にならないから。
敷地の広さを利用し、建物を敷地に平行に建築することで方位に合わせた究極のパッシブを実現。
しかも隣近所に隣接した家が建っても目線がずれるので、将来もオープンな生活を実現できます。

とてもおっとりして優しい奥様と、子供のような目に輝きを持つご主人様。
可愛い子供に囲まれたN様家は、家族ののびのびした未来を考えて建築を計画します。
来るべき大地震に備えて、真四角層二階の他新星の高いバランスの良い住まいづくりを軸に
外皮面積を抑え断熱負荷を低減し、太陽の恵みを取り入れて暮らすパッシブエコな住まい方を
提案して実現しました。

長期優良住宅を取得したZEH住宅となりますので、快適が長く続き固定資産税も軽減されます。
これは究極のストレスフリーな住宅と言える。

構造:木造軸組み工法

規模:2階建て

延床面積:96.88㎡

建設地:四国中央市土居町

家族構成:5人

- お客様の声 -
N様