CLOSE

上柏町の船をイメージした家

新築施工日誌

船をイメージして設計された上柏町の家の基礎工事が始まりました。
本物件は地域グリーン化事業の採択物件でもあります。

着工が土地の締り具合を見ながらということもあり、本来の予定からかなり遅れてしまいました

計画中は綺麗な更地でしたが、数か月たち雨も降って地盤が凄く締ったようなので満を持して着工となります。
夏場に草が生い茂って生えていることからも表面の土が柔らかかった状態であることが確認できます。

ですが造成している会社は信頼できる不動産会社ということもあり、弊社の標準仕様である耐力数値が厳しく判断されるスェーデンサウンディング試験により調査しました。

木造住宅での建築基準法の地耐力に必要な荷重は2KN以上。
弊社では基準法よりも厳しい地耐力数値を必要としておりますが、測定結果は良好。
地耐力も測点ごとに4KNを確保していました。
数値のばらつきも少なく、不同沈下の心配のない地盤でした。

この地盤調査の地盤データをよく知らないで、結果の実を判断することは危険。
地耐力があっても体力のばらつきにより、その個所に建物の荷重が集中するようなことがあればよくありません。
地盤調査データの見方をよく知らないプロ?も多いので気を付けましょう!

建築に従事される皆さんは、最低限この程度の知識は身に付けておきましょうね。
特に情熱のある若い担い手の方は、このようなことを初めにしっかりと覚える事!解らないで進めない!
会社に有識者がいない方は地元の建築士会や弊社を頼ってください。

弊社が建築している住宅は2014年より、全棟長期優良住宅。
なのでグリーン化事業の要件を標準仕様で満たしていますから、タイミングさえ合えばこのように、グリーン化事業やZEHの補助金を活用しております。

また長期優良住宅は耐震性も通常四国中央市で建築されている建物の1.25倍以上の強度。
その上、建築後5年間に渡り固定資産税が軽減されますし、地震保険の割引も適用されます。
住宅の質を重んじている銀行では、融資条件も緩和されます!

2019年より、心機一転
施工日誌なども更新していきますので、毎週欠かさずチェックしてください!